童話 みずいろのゆめ 11

著作権があります。転載は禁止します。 11キャベツ畑はとてもにぎやかでした。お日様はやさしくすべてをつつんでくれて、小動物にとっては天国のような朝でした。 風はゆっくりとながれ、気温も上がり始めています。 カノンママは発達のおくれている、まだしっぽもきえきらない子供を、タンポポの花の下に連れて行って世話をしています。 この子たち…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 10

著作権があります。転載は禁止します。 10それからしばらくして、ぼくはカノンちゃんもつれて遠足に行くことになりました。待ちに待った夢!です。 発達の遅い子はまだしっぽがあったりして、すべてはまっていられません。まっていると早い子は独立してどこかへいってしまうからです。 やはり今だよね。ということで・・。 「さあ、今日はおまえたち…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 9

著作権があります。転載は禁止します。 9 カノンちゃんのママに会いに行く前によ~く我が子をみておこう。いるいる~ぬるぬるしたまくにつつまれて、固まりになっている。 まだ動かないけれど早く大きくなってね。 (パパになれたし、カノンちゃんは元気だし、この子たちが大きくなるのをみまもって、楽しみだなあ。はやく遠足にいきたいなあ パパが…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ  8

著作権があります。転載は禁止します。 8 この沼に続く庭にも、アジサイが咲いていてぼくはきれいだなあ~っていつもじっとみつめたりしています。 でもそこにはあのゴンがいるではありませんか、№1か№2かはみわけがつきませんが、たぶん№2です。 偶然はちあわせしたようです。きげんの悪そうな顔!こちらはみていませんが・・・。 (ふうっ…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 7

著作権があります。転載は禁止します。 7ぼくとカノンちゃんは、岩のようなものにであってしまいました。すると突然、動いたのです。えっ、岩じゃなさそうだ。 「だれだ!」その声はまるでこの前聞いたゴン(ウシガエル)と同じでした。 「ぼくはケロンだ。君こそだれだ?」 ぼくは小さいし、きこえているのかな?。でもここで大きさよりか、カノンち…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 6

著作権があります。転載は禁止します。6 ぼくたちは、カノンちゃんの家の近くのジュンサイの沼に住むことになりました。 「まるで養子だね」そういわれても、いいんだぼくはかえるの仲間に何をいわれても、僕はたのもしいカノンちゃんと幸せにくらすんだ。 結婚してしばらく、ままごとのような生活がしばらく続いていました。そんなある日。表がそうぞうし…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 5

著作権があります。転載は禁止します。 5カワセミは水色、オレンジ、ブルーの羽をキラキラ太陽に反射させるとよりきれいな色になります。比較的大きな鳥で、流れがきれいな川 にすんでいます。 ぼくは一体どうなるんだろう・・・。近くにはもう一匹同じ鳥がいます。ぼくの方はくわえられているので、声もだせません。 苦しい、早くはなして! ぼく…
コメント:0

続きを読むread more

皆さまこんばんは

長い間迷惑をおかけしました。やっと新しいPC,今度はLenovoでWindowsではありません。ものすごく高性能らしいですが、使い手が いまいちなので 時間がかかりそうです。けれどもこれで環境はとてもよくなった、と思います。また頑張りますが、この暑さは当分 続くようですね。お体に気をつけて、熱中症にならないように無理はなさらないでく…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 4

著作権があります。転載は禁止します。 4あじさいも長い間さいていてキレイだったけれど、今は色あせてきました。ひざしも時には強くなりました。 けっこんしたお姉ちゃんはどうしているかと、ぼくは一家を代表してたずねることになりました。 ぼくの一生一代の大ぼうけんです。 今日はくもっていてちょうどいい。ぼくはひからびたくないからね。 …
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 3

著作権があります。転載は禁止します。 3「うわ~すごい!」 「あのウエディングドレス、お母さんが仕立てたらしいよ」 「うらやましい~♫」 あちこちでためいきや、歓声や拍手で会場はもりあがっています。 花むこは白いばらをちょうネクタイのかわりにかざり、もくれんの花をぬいあわせてつくった、つやのあるタキシードが とてもにあってい…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ 2

著作権があります。転載は禁止します。 2「最後の仕上げはなんといってもバラね。ケロンとパパは玄関に咲いているミニバラの赤と白の花びらをとってきて。おわったら 今日の仕事はおわりよ。あとは夜お月様のでるのをまつだけ。お昼寝をしておいてね」 ママはそのミニバラのはなびらを、何につかうのでしょう。 パパとケロンは最後の一番むつかしい仕…
コメント:0

続きを読むread more

童話 みずいろのゆめ

皆様には「初めての海」をとおもっていましたが、いそがしさのあまり(Wordの書式で2日かかり、次昨日はプリンターが完成あと5枚目というのに故障・・・。がっかりでした。それに昨日は久しぶりの朗読の勉強会でした)その結果、初めての海の原稿一枚をうしないました。今は考えている暇がなく急きょ変えていますが、また見つかったら書くことにします。ご理…
コメント:0

続きを読むread more

みなさまへ

いつもご愛読くださりありがとうございます。最近は忙しく、なかなかすぐにアップはできませんが、今自分の詩集を製作中です。なので遅れがちにはなりますが、次は短編童話になりますが「はじめての海」を書こうと思っていますので宜しく。いずれにしても子供向の童話です。 下の画像は先日行った京都私立植物園です。半夏生、蓮など。
コメント:2

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 最終回

著作権があります。転載は禁止します。 8 そしていよいよお月様が登り始めました。トビウオのお兄さんは、少しだけの眠りから覚めてまたテーブルサンゴのある場所まできてみると。 お魚達が、たくさんあつまってきてくれていて、感動しました。満月は穏やかな海をてらし、岩場にさしこんだ光はきらきらとかがやいてい ます。 「まほうみたいなこと…
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日  7

著作権があります。転載は禁止します。 7  ウミユリの若いお姉さんはとてもきれいです。 「ウミユリのお姉さん、とてもきれいだよ!」 「え、私の事ほめてくれてありがとう。もう少し向こうには仲間がたくさんいるわよ」 「そう、でもそろそろもういかなくちゃあ」 「いいよ、またきかいがあったらきてね」 「じゃあね、さよなら!」 ト…
コメント:0

続きを読むread more

おくれています。

ひっそりと静かなブログです。読んでいただいている人はお一人でもかまいません。お一人のためにもかきます。 同人誌の完成や、自分の出版する詩集のための仕事がいそがしくて、とどこおっていますが、3日くらいはおくれています。 しかしまた書きますので、見て頂ける人、すみませんが少しだけおまちくださいませ。もうしわけありません。
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 6

著作権があります。転載は禁止します。 6サメは幸い傷がなく今普通にしていますが、人間とか船とか網という物にはとても警戒しています。 おい、お前たちこっちへきてあそばないか?」 「ええっ!?」 カサゴのおばさんと、フグのお姉さんはあわててしまいました。(まさか!) 「いやっ、遠慮しておきますわ~。これからいそがしいので」  「…
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 5

著作権があります。転載は禁止します。 5「あれはね、十年に一度だけ、それが今夜の大潮のときなのさ。場所は東の浅瀬、岩がたくさんある。そこがちょっと不思議なスポットなの さ。その時はまず体を40度にかたむけて、思い切りジャンプするとほとんどのさかなはとべるはずだ。そこから広い海にむかってとぶんだ! 君のおじいさんもやっていたよ。しか…
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 4

著作権があります。転載は禁止します。 4トビウオのお兄さんは、誰になにをいわれてもあまり気にせず、一生懸命自分の言いたい事を話終えて、赤いドレスのウミウシのリーダーに お礼をいいました。 「ありがとう。そういうわけで、明日の満月の夜皆と飛べるといいですね。ぜひたのしみましょう。こんなことはめったにありませんよ」 話がおわるとすぐ…
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 3

著作権があります。転載は禁止します。 カサゴのおばさんは全身美容に行くといって、いそいそといってしまい、トビウオのお兄さんがあっけにとられていると 波間にふわりとういているものがありました。 (えっ、なに?おや、きれいなサンゴのような色だ) よく見るとサンゴではなく海藻(かいそう)のようでした。そこでひらめいたのです。(これをか…
コメント:0

続きを読むread more