時代小説 雪しぐれ 6

著作権があります。コピーはしないでください。6勝は、母を心配していた。 「ああ、勝、なんでもないよ、心配しないで。 それよりお前たち、ここの息子とはなるべく遊ばないようにした方がいいよ。 何でも一応あやまるんだよ。追い出されたら行くところもないし、3人が食べることもできないし、一緒に居られるところなんかないよ。 わかった?勝,剛士…
コメント:0

続きを読むread more

不器用ですが・・・

やった~♫できました、私のマスク~てづくり第一号が。まだまだ自分用のマスクはあるのですが、どうせいつかはするのだったら今のうち、 とばかりに一生懸命手縫いです。中学のころ~いえ、小学6年だったかな、おぼえていませんが、不器用で運針、といったらあっち、こっちと 我ながら何という不器用さに・・・。あきれていました。でも家庭科の授業は少な…
コメント:10

続きを読むread more

時代小説 雪しぐれ  5

著作権があります。コピーはしないでください。 5山本乾物店には。光行、そして、その妻キク、3人の子供がいた。<光太,光輝、光雄 >の3人の子供と、使用人、以前志乃を介抱してくれた 番頭の正造と、台所や家の一切を取り仕切るサチ、それから嫁入り前の行儀見習としてきているあや、と良子である。 志乃と入れ替わりにやめた重吉という男は、隠居…
コメント:2

続きを読むread more

天野川 散策

シバさくら紫 ひめじょおんハナミズキ八重桜2枚八重桜(紅白一緒にさいていました)桜の種類はよくわかりませんが、黄色は御衣黄でしょうか。チューリップ 天野川の散歩で撮った写真です。今の季節はまだまだお花が一杯です。 シバさくら 紫 ひめじょおん ハナミズキ 八重桜 2枚八重桜(紅白一緒にさいていました) 桜の種類はよくわかり…
コメント:16

続きを読むread more

時代小説 雪しぐれ  4

著作権があります。コピーはしないでください。 4訪問者の顔を見て、志乃は息をのんだ。 それは忘れもしない十三年前の恋敵、キクではないか。あきらかに光行との結婚をめぐって張り合った相手なのである。 志乃は光行の母親であるシゲノに猛反対されてひきさがることとなった、という経緯がある。つりあわない、ということが その理由であった。今は…
コメント:0

続きを読むread more

時代小説 雪しぐれ 3

著作権があります。コピーは絶対しないでください。 3真っ暗な家に続く雪道には、提灯の明かりが見え、3人のもつれあうような朧げに見える姿が確認できた。 だんだんとあかりが近づいてくる。見ていた正造は一塊になっている3人をみてかけだした。 「どうしたんだ?」 「大変だ、えらい熱だ。いきだおれで倒れていた」 それは志乃はあちこちさま…
コメント:4

続きを読むread more

奈良県 宇陀の又兵衛桜

写真がでてきました。今年は実家のお誘いも断って、自粛オンリーです。 これは去年それ以降の前の写真をプリントしたものを複製したもので、したがって、あまりきれいではないかもしれませんが、おゆるしください。 大体の雰囲気は分かると思います。 後藤又兵衛がこちらに住んでいてうえられたもの、とされています。
コメント:8

続きを読むread more

時代小説 雪しぐれ 2

著作権があります。複製は絶対に禁止します。 ②「お願いです、聞いてください」 ゆっくり歩く光行はすぐに、志乃に気がついた。 通りは人がいなかったので、志乃はその場で光行に訴えるように話し始めた。 「どうかしましたか?」 「聞いてください。私は去年九月に主人をなくしまして、2人の子供を抱えていてご覧の通りです。私をどうか働かせて…
コメント:0

続きを読むread more

時代小説 雪しぐれ ①

皆様「よたろうものがたり」は完結しました。次は大人の物語を連載します。 これも時代小説で大正時代です。ただ、私は童話や「少年詩」など子供向きのものを書いたりしていますので、大げさな表現や、 あまりにも上品ではない表現は書くことができません。なのでそれなりにかいてはいますが、もし刺激的を求める方なら読まないで頂きたい、 と思います。…
コメント:4

続きを読むread more

やえさくら

①チューリップ②ハナモモ?(よくわかりません)③モネフィラ④ピンクチューリップ⑤ハナニラ⑥八重桜⑦御衣黄⑧ソメイヨシノ⑨紫木蓮⑩アイリス 今日はあいにくの雨もようですね。お天気もよくなく、相変わらずの自粛状態のなかですが、今頃になってみなさんがPCR検査の重要さを 語っておられますが、遅いです。国の仕組みや自治体の余裕のなさは今…
コメント:14

続きを読むread more

童話 小説 よたろうものがたり㊼ 最終回

著作権があります。㊼同時開店で、村人たちでにぎわいました。芝居の前に腹ごしらえという人もたくさんいて、よたろうの店も一杯になりました。 よたろうの店は「よたろううどん」と、木の本の旦那につけてもらいました。自分の名前なので少し複雑ではありましたが、 自分を知ってもらうためにもいいかもしれない、とも思いました。 あやなはここの看板娘…
コメント:6

続きを読むread more

ソメイヨシノ~桜吹雪のなか・・・

これは色々なところを車でまわりました。次の写真は天野川ですが、名前がわかりません。ドウダンツツジ 我が家は緊急宣言が出されてから、娘婿はリモートワークで、娘はたまに休んで、毎日が土日のようです。お弁当はしなくていいので楽といえば楽ですが・・・。明日からは初めての土日がきます。私もあまりに家ばかりいると、コロナ太りしそうなので適当に…
コメント:10

続きを読むread more

天の川桜満開

昨日いってみましたら、予想に反して、桜は満開でした。という事はその前の2日ですっかり満開になったという事ですね。冷たい風もなんのその、やはり春は間違いなく開花するのですね。 いつもと違うのは、同時にポピーや八重桜アイリスなどが咲き始めていました、なんだか、北海道の春のように一度にさいてしまうのでしょうか。あまり一度に咲かれても・・…
コメント:8

続きを読むread more

童話 小説 よたろうものがたり㊻

著作権があります。㊻トメ吉の協力もあって、順調よく建物は建てられることになり皆はほっとしていました。 芝居小屋と屋台は、派手ではなくつつましいものでしたが、半年くらいで完成しました。開店の前日には関係者をよんで ささやかなお祝いもしました。 「木の本の旦那さんのおかげで、やっとここまできました。もう明日の開店を待つだけです。本当に…
コメント:0

続きを読むread more

童話 小説 よたろう物語 ㊺

著作権があります。㊺ ももたろう旅がらす一家と再会を果たした次の日でした。 あわただしくよたろうを訪ねてきたのは、座長と木の本の旦那でした。 「よたろうさん、いいかい、相談があるんだ。ちょっとあがるよ」 いつものように、いきなり人の都合も聞かず、勝手に家にはいり上がってきたので有無を言わさず、でした。 「はい、どうしたんですか?…
コメント:0

続きを読むread more

天野川

これは先週の事なので、今はもっと満開です。皆さん、人込みを避けても、色々いっていらっしゃるのですね。私は猛烈自粛中。だんだん、と範囲がせばまってきて、明日は我が身です。散歩やお買い物などはしています。天野川の枝垂れ桜もうじき今週末にはソメイヨシノも満開になります。
コメント:8

続きを読むread more

童話 小説 よたろうものがたり㊹

著作権があります。㊹しのに紹介された近所のおたみは、一つ上のしっかり者でした。 「あやなちゃん、おぼえがいいわ~、おばちゃん、随分と進んだよ」 カノは「ありがとう」といって二人にお茶をだします。カノもすっかり床上げをして、少しづつ日常にもどっています。 あやなは母を手伝って、母に楽をしてもらおうと考えていました。 それが自分のた…
コメント:0

続きを読むread more

骨董祭は終了~。

骨董祭は昨日無事終了しました。お客さんもそんなに多くはなかったのですが、無事終了してしばらくイベントはないそうです。京都三条の市立博物館です。この前の奥にお店はあります。ル・プチソム・アンティークスです。以下の画像は京都骨董祭の時のものです。何の木なのでしょう。赤いお花がさいていました。
コメント:8

続きを読むread more