みなさまへ

いつもご愛読くださりありがとうございます。最近は忙しく、なかなかすぐにアップはできませんが、今自分の詩集を製作中です。なので遅れがちにはなりますが、次は短編童話になりますが「はじめての海」を書こうと思っていますので宜しく。いずれにしても子供向の童話です。 下の画像は先日行った京都私立植物園です。半夏生、蓮など。
コメント:2

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 最終回

著作権があります。転載は禁止します。 8 そしていよいよお月様が登り始めました。トビウオのお兄さんは、少しだけの眠りから覚めてまたテーブルサンゴのある場所まできてみると。 お魚達が、たくさんあつまってきてくれていて、感動しました。満月は穏やかな海をてらし、岩場にさしこんだ光はきらきらとかがやいてい ます。 「まほうみたいなこと…
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日  7

著作権があります。転載は禁止します。 7  ウミユリの若いお姉さんはとてもきれいです。 「ウミユリのお姉さん、とてもきれいだよ!」 「え、私の事ほめてくれてありがとう。もう少し向こうには仲間がたくさんいるわよ」 「そう、でもそろそろもういかなくちゃあ」 「いいよ、またきかいがあったらきてね」 「じゃあね、さよなら!」 ト…
コメント:0

続きを読むread more

おくれています。

ひっそりと静かなブログです。読んでいただいている人はお一人でもかまいません。お一人のためにもかきます。 同人誌の完成や、自分の出版する詩集のための仕事がいそがしくて、とどこおっていますが、3日くらいはおくれています。 しかしまた書きますので、見て頂ける人、すみませんが少しだけおまちくださいませ。もうしわけありません。
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 6

著作権があります。転載は禁止します。 6サメは幸い傷がなく今普通にしていますが、人間とか船とか網という物にはとても警戒しています。 おい、お前たちこっちへきてあそばないか?」 「ええっ!?」 カサゴのおばさんと、フグのお姉さんはあわててしまいました。(まさか!) 「いやっ、遠慮しておきますわ~。これからいそがしいので」  「…
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 5

著作権があります。転載は禁止します。 5「あれはね、十年に一度だけ、それが今夜の大潮のときなのさ。場所は東の浅瀬、岩がたくさんある。そこがちょっと不思議なスポットなの さ。その時はまず体を40度にかたむけて、思い切りジャンプするとほとんどのさかなはとべるはずだ。そこから広い海にむかってとぶんだ! 君のおじいさんもやっていたよ。しか…
コメント:0

続きを読むread more

童話 おさかなのとんだ日 4

著作権があります。転載は禁止します。 4トビウオのお兄さんは、誰になにをいわれてもあまり気にせず、一生懸命自分の言いたい事を話終えて、赤いドレスのウミウシのリーダーに お礼をいいました。 「ありがとう。そういうわけで、明日の満月の夜皆と飛べるといいですね。ぜひたのしみましょう。こんなことはめったにありませんよ」 話がおわるとすぐ…
コメント:0

続きを読むread more