時代小説 雪しぐれ 22

著作権があります。コピー転載は禁止します。 22光行は光男が家を出ることに反対はしなかった。男の子であるし、一度色々と社会勉強したほうがいいかもしれないと思っていた。 心の中では親に止めてほしいと願っていたかもしれないが、そうもいくまい。自分からいいだして、自分で選んだ道だから 嫌ならやかましくいわないでもかえってくるだろう。 …
コメント:0

続きを読むread more