童話 おさかなのとんだ日 2

著作権があります。転載は禁止します。


トビウオのお兄さんはしばらく考えていました。でも、あまりいい考えはうかんできません。けれども、何かしなくちゃあ。

と、ゆっくり泳いでいました。

するとむこうからひらひらとものすごいい大きなヒレをひらひらさせながら何かが近づいてきました。

ヒレは赤と白にしましま模様です。よく見るとカサゴのおばさんです。

「やあ、カサゴのおばさん。元気そうですね。そのヒレは大きくてとてもはなやか、きれいですね」

「おんや、トビウオのお兄さんじゃないか。ありがとう。この自慢のひれで泳いでみたいもんだ」

「泳いでみたい? 泳いでいるじゃないですか」

「いやいや、そうじゃなくてね。今ね、誰かにきいたんだ。空をとべるんだって?、空を飛んでみたいのだ、一生に一回」

「そうか、それじゃ話は早い。カサゴのおばさん。実は今度の満月の夜ね。みんなで空をとべるんだって!

仲間を一杯集めるために今夜ウミウシさんの舞踏会に行くことになっているのさ。一緒にいこうよ。

それからぼくのことなんだけど、ウミウシさんに、(ぼくのこと)普通のトビウオねっていわれちゃったんだ・・」

「あっはっはっはは、そうかい、ふつうのトビウオ君ね。私のこの衣装を貸してあげたいところだけど、そうもいかないしね。

だってこれは自慢の衣装だからね。結構気にいっているんだよ。

ところで、それで満月の夜、どこにあつまるの?」

カサゴのおばさんにはわらわれてしまいました。

「うーん。集合場所は南の浅瀬だ。今夜ウミウシさんの舞踏会で発表するよ」

「そうなの。じゃあね。これから全身美容でもいってくるわ」

おばさんは全身美容なんて一体どこへいくのでしょう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント